小学校入学前にやっておくことってどんなこと?【勉強・生活面】

この記事を書いた人
【ペンネーム】sora
【プロフィール】大学生の娘と高校生の息子がいます。以前は教員をしていました。教員をしていたころの経験や子育てをした経験から、子どもの教育に関する疑問にお答えします。なるべくわかりやすい文章を書けるよう日々勉強の毎日です

小学校入学前にやっておくことは、なんでしょうか?

幼稚園の年長さんになると、「小学校入学後に困らないように、いろいろ準備をしておきたい。」と思うもの。

でもいざ取り組もうとすると、「何をすればいいの?」と悩んでしまう方は多いのではないでしょうか。
そこでここでは、私自身の教員経験と実際の子育ての経験から、「入学前にやっておいてほしいこと」をご紹介します。

小学校生活が楽しくなるよう、無理せず自然に身につく方法もあわせてご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

小学校入学前にやっておくこと、数字・文字は「無理せず自然に」

小学校入学前にやっておくこと

入学後に心配なことにまず挙げられるのが「学習面」ではないでしょうか。

中でも、「入学前までに、どのくらいできていなければならないの?」というのは最も気になるところ。
現在小学校は、学校によっても異なりますが、以前よりは「一から丁寧に」教えることは難しい状況のよう。

できる限り、数字や文字の基本を身につけておいた方が安心できるかもしれません。
小学校入学前にやっておきたいこととはいえ、こどもに興味がないのに無理やり取り組むのはNG。

あくまでも、「無理せず、こどもの成長に合わせる」ことが大切です。

日常生活の中で、または遊びの一環として取り入れて、興味を促していきましょう。

小学校入学前にやっておくこと、文字は興味を持つきっかけづくりが大切

文字は、興味を持てないとなかなか覚えることができません。
そのためお子さまが興味を持つきっかけづくりが大切です。

目につくところに、ひらがなの表などを貼っておく

常に目につくところに文字がたくさんあると、こどもは自然と文字に興味を持ちます。よく、トイレの壁にひらがな表を貼っているお家がありますよね。

これ、とっても手軽ですが、実は効果のある方法だったのです。
こどもが好きなキャラクターの名前などを貼っておくと、さらに効果的。

なお、ひらがなよりも先に、漢字やカタカナに興味を持つこどももいるかもしれません。
その場合は、こどもの興味を優先させてくださいね。

こどもにとって、曲線が多いひらがなは覚えにくいものなのだそう。
カタカナや漢字のほうが覚えやすいというのは、自然なことなのです。

現に私の息子も、ポケモンのキャラクターの名前から、カタカナを先に覚えました。

えんぴつの持ち方は道具選びが肝心!

文字に興味を持つと、「字を書いてみたい!」と、文字に対するモチベーションがアップする子が多いもの。

そんなときは、まずは正しいえんぴつの持ち方を教えましょう。
えんぴつの持ち方は、一度くせになってしまうとなかなか直すことができません。

正しいえんぴつの持ち方がマスターできると、きれいな文字を書きやすくなりますし、疲れにくくなります。

とはいえ口うるさく言うのはNG。
道具選びを工夫すると、自然と正しい持ち方に導くことができますよ。

おすすめなのが、軸が三角形になっているえんぴつ。
このえんぴつを使うと、意識しなくても自然と正しい持ち方に導いてくれます。

最近は、小学校でもこのタイプのえんぴつを指定することが多いようです。
指を置く場所に印がついているものや、軸が太めになっているものなど、年齢に合わせてさまざまなタイプのものがあります。

三角えんぴつだけでは難しい場合、サポーターを使うのもおすすめです。
わざわざ購入しなくても、おうちにあるクリップや洗濯ばさみでも代用できます。
気になる方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

なおどうしても持ち方が直らない場合は「書きたい気持ち」を重視し、好きな持ち方で書かせる方がいい場合もあります。
こどものやりたい気持ちをそがないことが一番大切です。

小学校入学前にやっておくこと、日常生活の中で数字を意識させる

日常生活の中で数字

数字への感覚は、日常生活の中で自然と身につけさせるのが、もっとも無理がなく効率的です。

日常生活の中で数字にふれさせることで、数字へのイメージがわきやすくなり、感覚が育ちやすくなります。

おやつを数える

あめやチョコなどを用意し、指定した数をお皿に入れさせます。

数を数える練習になりますね。数は「5個」や「10個」がおすすめ。
足し算や引き算を習う時に、「5のかたまり」「10のかたまり」が意識できると、理解しやすくなります。

数えることができるようになったら、少しずつ指示を複雑にしてみましょう。
例えば「あめとチョコ、あわせて10個になるようにお皿に入れて」など。

この場合も「10個」がおすすめです。10になる数の組み合わせがわかると、小学校での繰り上がり、繰り下がりの計算が理解しやすくなります。

カレンダーで数字の読み方を確認

数字の読み方は、カレンダーを使って確認しましょう。

「今日は何日だっけ?」などと声をかけ、カレンダーに目を向けさせるように促してくださいね。
そうすることで、毎日自然と数字が目に入るようになり、数字の読み方を覚えることができます。

時計はアナログ時計を

こどもが見やすいよう、デジタル時計を置いているというお家もあるかもしれませんね。

でも年長さんになったら、ぜひアナログ時計を目のつくところに置いてください。
そうすることで、自然と時計の見方が身につきます。

アナログ時計のいいところは、時間の流れが見えやすいところ。
例えば、「3時になったらおもちゃを片付けてね」と伝えたとします。

デジタル時計だと、あとどれくらいで3時になるかがわかりにくく、心の準備がしにくいです。
一方アナログ時計の場合、時計の針の位置を見ることで、残り時間が視覚的にわかります。

おやつの時間やごはんの時間など、節目節目に声をかけ、時計を見る習慣をつけさせましょう。
何度も見ているうちに、時計の見方がわかるようになります。

時計は、長針と短針の区別がつきやすいもの、文字盤が大きく見えやすいものを選ぶといいでしょう。

小学校入学前にやっておくこと、できないことを気にする子は、「運動面」にも目を向けて

「運動面」にも目を向けて

つい学習面にばかり目が向きがちですが、体育ができないことで自信を失うこともあります。

できないことで自信を失いやすい子は、運動面にも目を向けてあげましょう。
中でもハードルが高いのが、「水泳」と、北海道の場合は「スキー」。

水泳は、最低限、水の中にもぐることができるようにしておくといいかもしれません。
スキーの場合は、スキーをはいて斜面を登り、滑り降りてくることができるようにしておきましょう。

小学校入学前にやっておくこと、生活面で身につけておいてほしいこと

生活面は、幼稚園や保育園に行っていればそれほど大きな問題はありません。

そこで、幼稚園や保育園だけでは不十分だと思われるポイントをいくつかご紹介します。

和式トイレの使い方

古い小学校の場合、和式トイレの学校が多いもの。
外出先で和式トイレに入り、何度も練習しておいてくださいね。

わからないことを人に聞ける

どんなにしっかりと準備をしておいても、小学校生活の中で、わからないことやできないことが出てくるもの。
そんな時、先生やお友達に聞くことができると安心です。
普段から意識的に、「人に聞く」練習をしておきましょう。

人の話を聞き、理解できる

小学校に入学すると、先生の話を聞いて行動しなければならないことが増えます。

そこで、話を聞いて指示に従う練習をしておきましょう。
例えば一緒に買い物に行き、「〇〇を探してきて」とお願いします。

最初は一回に一つの指示にしましょう。
それができたら、一回に二つ以上の指示を出すようにします。

少しずつ指示を複雑にして、練習を繰り返しましょう。

持ち物の準備ができる

年長さんになったら、自分の持ち物は自分で用意をする練習をしましょう。

最初はパパやママと一緒に、慣れてきたら一人でできるよう促しましょう。
持ち物を紙に書き、ひとつひとつチェックをしながら用意させると、1人でも忘れ物なく準備ができるようになりますよ。

使いやすい道具を準備する

小学校に入学すると、すべてのことを一人でしなければなりません。

少しでも時間をかけず、簡単にできるよう、こどもにとって使い勝手のいい道具を用意してあげてください。
例えば給食袋。手作りのかわいいものを用意したくなりますが、そういったものは滑りが悪く、出し入れがしにくいことも。

市販のナイロン製の方が、使いやすいことがあります。
どんなに小さなものでもこどもと一緒に確認して、より使い勝手の良いものを選びましょう。

お昼寝の習慣は無くす方向で

保育園に行っているこどもの場合、お昼寝の習慣が抜けないことも。

しかし多くの保育園で、年長さんになると少しずつ昼寝をさせないようにリズムを作り直してくれます。
夜、早く寝かせて睡眠時間を十分に確保することで、少しずつお昼寝が少なくなくなります。

通学路を確認する

小学校までの通学路を、実際に歩いてみることも大切です。

お散歩がてら、繰り返し歩いてみましょう。
時間が許すなら、朝の通学時間帯に歩いてみるのもおすすめ。

小学校に通う上級生に、名前や顔を覚えてもらうきっかけにもなるかもしれません。

まとめ

小学校入学前にやっておくことを解説しましたが、いかがでしょうか。

入学前の準備は、毎日の生活の中で、少しずつ無理なく取り組むようにすることが大切です。

とくに学習面は、「ここまではやっておくべき」という風に考えるのではなく、日常生活の中で興味を引き出しつつ、無理のない範囲で取り組むことが大切です。

入学準備は、あくまでもこどもが楽しく学校に通えるようにするためのもの。
「学校は大変なところ」と思わせないよう、楽しみながら上手に準備を進めてくださいね。