逆上がりができるようになる練習方法って?練習のポイントを大公開

この記事を書いた人

【ペンネーム】sora
【プロフィール】文字を書くのも読むのも大好きです。以前は学校の先生、体操教室のアシスタントをしていました。その時の経験を踏まえつつ、子どもの教育などに役立つ情報を、わかりやすくお伝えします。

「鉄棒が苦手」というお子さまは多いのではないでしょうか。

中でも「逆上がり」は、子どもが体育嫌いになるきっかけといっても過言ではないくらい、苦労をすることの多い種目です。
でも逆上がりは、練習方法をわかっていれば、必ずできるようになります!

そこで今回は、鉄棒が苦手な子を持つパパやママのために、「逆上がりができるようになる練習方法」をご紹介します。

まずは逆上がりができない原因を探る

逆上がりを子どもに教える時、ただやみくもに何度も練習させる方が多いかもしれません。

実はこれがいつまでたっても逆上がりができるようにならない原因です。
逆上がりができないのには子どもごとに違った原因があり、その原因を解消しない限りできるようにはなりません。

そればかりか「何度も練習させられたのにできなかった」というマイナスなイメージだけが子どもの頭の中に残ってしまうことも。

逆上がりを効率よく練習するためには、まずは「できない原因」を探ることが大切です。
逆上がりができない原因には以下のようなことが考えられます。

・逆さになるのが怖い
・足の振り上げが弱い
・体と鉄棒が離れてしまう
・体がそってしまう
・体重を支え切れない

子どもが逆上がりをするときの様子をチェックし、どの原因に当てはまるかを確認しましょう。

原因は一つとは限りません。
いくつかの要因が絡み合っている可能性があります。

特に「逆さになるのが怖い」という気持ちは、逆上がりのできないお子さまの多くが抱えていると考えられます。
原因がわかったら、原因に応じた逆上がりの練習方法を取り入れていきましょう。

逆さの体勢に慣れる

人間普通に生活をしている中で、「逆さになること」なんてほとんどありません。

逆上がりの体勢を怖がるのも仕方のないことなのです。
そこでまずは、逆さの体勢に慣れることから始めましょう。

そのための練習方法には、鉄棒の「足抜きまわり」が有効です。

1.胸くらいの高さの鉄棒を使い、順手で握ります。
2.鉄棒にぶら下がるように腰を低くします。
3.足を持ち上げて足の裏を鉄棒にかけ、両足を腕の中に通し、そのまま後方に回り着地します。

これを繰り返すことで、逆さになることに慣れていきます。

持久懸垂で腕の力をつける

逆上がりのときに体を支えられるようになる練習方法には、「持久懸垂」がおすすめです。
持久懸垂のやり方は、

1.あごが鉄棒の上に出るように腕を曲げて鉄棒をもち、足を地面から離します。
2.その状態で数秒がまんします。

逆上がりの練習前に、準備体操として取り入れるといいでしょう。

足の蹴りは、目標物を置くことで促す

足を蹴りだす勢いが弱く逆上がりができないお子さまの中には、「どこを蹴ればいいのかわからない」という子がいます。

この場合、蹴る場所をわかりやすく示すのが解決のコツ。

練習方法は、

1.上から棒などにつるしたボールをぶら下げます。
2.「回る時にこのボールを蹴ってね」と声をかけます。

こうすると、蹴る方向や場所、タイミングがつかみやすくなりうまくいくことがあります。

ベルト式補助具を使って練習する

逆上がりがうまくできない子どもを見てみると、多くの子のお腹が鉄棒から離れていることがわかります。

逆上がりを成功させるためには、お腹を鉄棒に近づけることは必須。
しかしいくら言葉で「おなかを鉄棒にくっつけてね」「肘はまげてね」などと声をかけてもなかなかうまくいきません。

しかし「ベルト式補助具」を使った練習方法を取り入れると、強制的にお腹が鉄棒にくっつけられるので「逆上がりができる感覚」をすぐにつかむことができます。

補助具は、タオルやゴムチューブなどで代用できます。

補助具を使った逆上がりの練習方法は、

1.子どもの腰くらいの高さの鉄棒を使います。
2.鉄棒にお腹をつけた状態で、タオルやベルトを腰の位置にあて、タオルやベルトの両端を鉄棒に固定します。こうすることで鉄棒とお腹がくっついた状態になります。
3.この状態で逆上がりをさせます。体がそってしまう場合は、「おへそを見て」と声をかけてみましょう。

この状態で練習し、お腹に鉄棒をつけて回る状態が体にしみこむと、ベルトがなくてもすんなりと回れるようになりますよ。

早い子だと、一日で逆上がりが完成することもあります。
逆さまの体勢に恐怖心を持っていないお子さまなら、いきなりこの逆上がりの練習方法を取り入れてもいいでしょう。

まとめ

運動が苦手な子どもにとって

運動が苦手な子どもにとって、逆上がりはハードルの高いものです。

しかし練習方法を工夫するだけで、スムーズにできるようになります。
逆上がりができるようになったことで自信がつき、運動に苦手意識を持たなくなるかもしれませんね。

逆上がりがなかなかでるようにならずに苦労しているお子さまに、ぜひ試してみてくださいね。