どうしてお金が貯まらない?生活改善で1年に50万円貯める貯金術

この記事を書いた人
【ペンネーム】つばくろや
【プロフィール】王道から裏技的なやり方までさまざまなハウツーを執筆するウェブライター。お悩みに対して多角的な視点から解決方法を提案する。単なる情報ではなくより実用的で実践的なアイデア提供をモットーに記事を執筆する。

1年に50万円貯金するといっても苦しい生活でお金をかき集めるようでは意味がありません。

生活で十分な満足や幸せを感じつつ無理なく貯金するには今の生活からムダや浪費を削っていくやり方が効果的です。
浪費などしていない、と思っていても意外とムダ使いはしているものです。

生活をあらためて見なおしてみてムダを削り無理なく貯金しましょう。

最初に貯金を確保する

1年間で50万円貯金するのにもっとも重要なのが、収入から最初に貯金に回すお金を確保することです。

貯金が苦手な人に共通するのが「余裕ができたら貯金する」「余ったお金を貯金する」という考えです。
一見余裕を持って貯金できそうに思えますが、このように考える人のほとんどはお金を計画的に使うことが苦手なためお金が余るということがなくいつまでたっても貯金は貯まりません。

1年間で50万円という明確な目標があるのですから計画的にお金を貯めなければゴールにはたどり着きません。
余裕分を貯金に回すのではなく、収入が入ったらすぐに貯金に回すお金を確保し残ったお金でやりくりする習慣をつけましょう。

最初に貯金分を引いてしまうと自由に使えるお金が減ってしまいますが計画的に支出するのであれば大きな問題は起こりません。
どうしても生活が苦しいなら毎月の貯金額を見直す必要もありますが、多少の苦しさはよくわからないうちに浪費してしまうのに比べればずっとマシです。

手元に残ったお金でやりくりするのに慣れれば無理なく貯金が続けられるでしょう。

買い物は目的を明確に

生活する上で買い物は欠かせません。
ポイントは生活必需品以外の支出をどう減らすかです。

貯金につながる買い物テクニックとして効果的なのが、目的のある買い物以外しない方法です。
特に女性に多く見られますが、買い物することが楽しみであるという人は少なくありません。

趣味として無理なく買い物を楽しめるのならいいのですが、貯金ができない人というのは観るだけのウインドウショッピングのつもりで出かけたのに物欲に負けて予定外の支出をしてしまうケースが多く見られます。

せっかく生活を切り詰めても物欲に負けて必要性の薄いものを買ってしまっては努力が無駄になってしまいます。
衝動買いやムダ使いを防ぐには買い物における目的を明確にすることが大切です。

1週間分の食料を買う、冬物の上着を買う、欲しかった本を買うなど出かける前に買い物の目的を明確にして余計なものは買わないようにしましょう。
無意識の浪費の多くは衝動買いやついで買いが原因です。

目的意識のはっきりした買い物が実践できるようになれば年間50万円の貯金はすぐそこです。
どうしても物欲に負けて衝動買いしてしまう、という方は買い物に出かけるときに必要最低限のお金以外を持っていかないようにしましょう。

お金がなければ欲しいものがあっても買えません。
やや強引な方法ですが効果は高く、何度か繰り返せば欲しい物を買わずに帰宅することに慣れてきます。

0円生活でお金を使わずに1日過ごしてみる

買い物における浪費を徹底的に見直したいのなら1日を0円で過ごす生活にチャレンジしてみましょう。

お金を持たないで生活できるの?
と思うかもしれませんが、食事や飲み物さえ事前に準備しておけばお金を使わずに生活するのはそれほど難しいことではありません。

知人に食事やお酒に誘われる可能性もありますがお金を持っていないといえば強引に付き合わされる可能性は低いでしょう。
0円で生活してみると毎日いかに無駄遣いしていたかに気づかされます。

喉が渇いたからドリンクを買う、ちょっと疲れたからカフェで一休み、気になる雑誌を買って帰るなどひとつひとつは小さな金額でも積もり積もれば馬鹿にできない金額です。
こういった小さな浪費を節約できれば1年間50万円の目標にグッと近づきます。

0円生活をやってみて不便を感じたとしたらそこがあなたの浪費ポイントです。
生活にある小さな浪費の芽を見つけるためにも0円生活に挑戦してみてください。

財布の中身を把握する

貯金できない人のほとんどは財布の中に今いくら入っているのかきちんと把握していません。

あるだけ使って足りなくなったら補充する、という財布の使い方をしていれば無意識の浪費を繰り返すことになり貯金できないのは当然です。
常に財布の中に入っている金額を意識した生活は1年間50万円貯金への第一歩です。

今いくらあるのか、後どれだけ使えるのかをきちんと計算しながらお金を遣うだけでも不要な支出は大きく減ります。
クレジットカードや電子マネーなど現金以外の決済手段を利用する人は増えていますが、財布の中にある現金額も把握できないのにクレジットカードや電子マネーの状況を把握できるはずがありません。

現金のやりくりに自信がないのならクレジットカードや電子マネーの使用は極力控えましょう。
クレジットカードや電子マネーにはポイント還元やキャンペーンなど現金以上のメリットも多いですが、使いすぎるリスクを考えるとまずはきちんとお金の管理ができるようになるのが先です。

現金の管理に自身がついてからクレジットカードや電子マネーを併用してください。

自炊は割高になる可能性に注意

食費を節約するために自炊するのは節約の王道です。

しかし、一人暮らしの人にとって自炊はあまりコストパフォーマンスが良くありません。
栄養バランスを考えたメニューを意識すると材料を一人分だけ色々と買ってくるのはコスパが悪く、必ず下自炊が節約にならない可能性もあります。

貯金のために自炊するのなら惣菜など完成品を購入して自宅で食べるいわゆる中食のスタイルがオススメです。
中食なら外食よりもコスパがよく自分で調理するのに比べて手間がかかりません。

メニューも豊富ですし、材料を揃えて位置から調理するよりも惣菜を買ってきたほうが安く済む料理はたくさんあります。
自炊も一種の特殊技能です。
料理の腕に自信があるなら完全自炊で食費を節約できますが、中途半端にチャレンジすると手間とコストばかりかかって対して美味しくない食事を食べるハメになってしまいます。

1年間で50万円の貯金は長距離走のようなもので、一時的に生活できたとしても継続できなければ意味がありません。
50万円の貯金という最終目標達成前にストレスをためすぎないためにも無理して自炊せず中食スタイルを上手に取り入れましょう。

まとめ

貯金は苦しみに耐えて貯めるものではありません。
貯金はたまっても体を壊したり生きがいを失うようでは大失敗です。
貯金のために生活を見直す作業は生き方を振り返る作業でもあります。
人生を振り返りよりよい生活と貯金の両方を手に入れましょう。